医薬品を購入するのに安全なサイトかどうか確認するポイント

不明瞭な医薬品ではないですか?

その医薬品はネット販売禁止のものでないか

ネット販売ができない医薬品もあります。医師による処方が必要となる医療用医薬品はネット販売ができません。
またリスクが高かったり、リスクが確定していないような要指導医薬品は、対面販売をしなければならないため販売できません。
リスクが高い医薬品は、薬剤師による対面指導義務があります。そのためネット購入ができないんですね。
危険なサイトでは、日本で承認されていない医薬品を販売したりところもあります。
よく個人輸入したり、海外通販サイトから購入される方もいますが、なぜ日本で未認可なのかを考えてみてください。
多くの医薬品がありますが、販売禁止となっているものは必ず何らかの理由があります。これらの医薬品を購入したい場合には、医師の処方箋をもらって正しく使用するようにしてください。

適切な販売方法がとられているか

購入したお客さんが医薬品に対して質問がないか、妊娠中の女性など医薬品の使用に注意が必要な人について記載があるか、風邪薬や咳止めなど乱用の危険性がある医薬品に対して販売個数を制限しているなど、のルールが医薬品のネット販売にはあります。
けれども、よく思い起こしてみると病院で薬を処方してもらった時、薬剤師に説明されている内容だと思いませんか?
使用期限が切れた医薬品を販売することもできませんし、購入するお客さんが薬剤師が説明した内容を理解したかの確認をしないのもルール違反です。
医薬品をオークションの形式での価格設定をすることもできません。
適切な販売方法とは、すなわちお客さんが安全に医薬品を使用することができるよう、説明と同意を得ることといえます。