医薬品を購入するのに安全なサイトかどうか確認するポイント

医薬品をネットで購入する

実店舗が存在しているか

サイトを運営しているお店が実際に店舗を持っているか確認しましょう。医薬品をネットで販売するためには、実店舗を構えていることが必要です。ネットのみの運営はできません。
実店舗は週30時間以上開店しており、薬事法に基づいた基準を満たしている構造をしていなければなりません。そしてその実店舗の写真も掲載されていなければならないんです。
また、販売することができる医薬品にも決まりがあり、実店舗に陳列されていない医薬品はいくら実店舗があってもネットで販売することはできません。
店舗の写真なんでどこにあるの?と思われるかもしれませんが、たいていサイトの下の方にある「会社概要」というところを閲覧すると確認できますよ。

連絡先や薬剤師名が記載されているか

実店舗が存在すれば、必ずその住所があります。
その住所を記載されていること、電話番号やメールアドレスといった連絡先も併せて記載され、いつでも相談ができるようになっています。
薬剤師または登録販売者が常駐していること、インターネット以外に薬剤師を電話もしくは対面で相談できる仕組みになっていることも条件ですので、この体制が整っていないサイトは安全なサイトとは言えません。
適正に使用する医薬品について説明したり、年齢やほかの医薬品との組み合わせが適切かなどを薬剤師が確認する必要があります。
販売したときにはその薬剤師氏名、いつ販売したかというような記録を保存することになっています。薬剤師がいなければこの記録が作成できないため、医薬品購入前には、この薬剤師名も確認しましょう。
薬剤師はすべての医薬品を販売することができますが、登録販売者は第2、第3医薬品だけ販売することができます。